お手軽、でも奥が深い釣り!!

2018/12/01

ラヨーンでのGTを終え、向かったのはパタヤにあるオニテナガエビの釣り堀!!

プンプーンというお店です。

ここ、びっくりしたのが14時30分頃の到着だったんですが、8割がた席が埋まってました・・・。かなり人気です・・・。

何とかスタッフさんが上手く席を調整して下さって、我々釣り師3名並びでゲット。

釣り竿とエサは料金に含まれています。1時間100バーツ、4時間で320バーツです。席に着くと、開始時間が記入されたポストイットが席に貼られます。エサは多分ブタかニワトリの心臓を漬けたものだと思います。これをイトミミズくらいにハサミで切って、針に付けます。

この釣り、かなり神経を集中する釣りです・・・。

 

無言・・・。でないとアタリ取れない・・・。小さいウキが違和感ある動き、それを取る釣りです。分かり易くウキが水中に引き込まれるアタリもあります。ここが分かれば第一関門突破!で、アワセという第二関門が待ち構えます・・・。まさにヘラブナ釣りのアワセ!ビシって感じで!

上手くアワセると想像以上の引きが楽しめ、しかも上がって来た時はハサミではなくしっかり口にフッキングしてます!

この正面の黄色いシャツのお父さん、むちゃ上手かった(笑)!で、明らかに苦戦している我々素人に、親切にアタリを目線などで送ってくれてました。ありがとー!!

で、スタッフさんのヘルプもあって、

無事GET!!

何が難しいって、そこそこ水深があり、水中が見えません。1m以上あるでしょう。なので、サイトが不可・・・。前にバンコクでやった時は上から見下ろす感じで案外釣り安かったですが。。。

M浦さんも無事にGET!

一方、ドSBは一番アタリが多かった!!10回近くあったんじゃないかな・・・。ことごとくミス・・・。ハイ、ボウズですね。

で、ここで面白いのは、時折景品的なもの(食品だったり)を準備し、マーキングか何かを施されたと思われるエビを一匹投入。見事釣ったら景品プレゼント!ってイベントやるんです。こういう工夫、大切ですね!で、食いが悪くなると、エサ撒きタイムならぬエビ撒きタイムが!

追加投入!!

結果、3人で5匹。

釣ったエビ、ここで塩焼きにしてもらいました!!40バーツだったかな。。。ソースも激ウマ!!焼きたてでかなり熱いのでご注意を!!

いやー、コレはヤバいですね!!かなりハマりそうです!常連様誘って、また行って来ます!!

にほんブログ村