ここはどこでしょう(笑)?19.6.30釣行

2019/07/01

今月は2週間の一時帰国。

タイに戻り、常連のヌンさんに頼まれていたEGのコンバットクランク250を2個お渡し。その時に、30日に釣りに行こうと誘われまして。バラマンディー狙いにどうやらバンパコンに行くみたいです。1,200バーツで、昼食と飲み水あるよって以外はタイ語が分からないので情報なし(笑)バンパコン?チャチュンサオの釣り堀なのか?川なのか??

色々不安な点もありつつ、朝6時に爆釣屋で待ち合わせ。ヌンさんのお友達も一緒です。朝イチの雨。。。若干小降りになってます。

まず着いたのはバンセーンにある釣具屋さん。そこのオーナーさん(だと思う)の車に乗り換えてと。

ヌンさん行かんのかーーい!!

このオーナーさん、以前ヌンさんに誘われて行ったバンサレーにも同行していた方で、とっても親切な方なので安心!でもタイ語は分かりません。

さて、どこに着く?

ここ。地図右の緑の「行きたい場所」アイコンがそれです。

左上の「お気に入り」はパイロット111です。

 

 

 

ごっつい鉄塔が走っているルートに池。

釣り堀ではなさそうですね。

養殖池っぽい。で、参加者リスト的なものがあったので、恐らくこの釣具店のオーナーさんが手配して貸し切ったものなのかな?ヌンさんからは釣った魚はリリースしちゃダメって言われていたので。

7:30頃に着いたんですが、誰も釣りしていない。。。手前の池ではなく、奥の池に全員集まります。

ヌンさんの知人の方がワーム渡してくれました。

どうやらこれが鉄板らしく、赤が効くみたい。隣の人も同じワームでした。

釣ったバラマンディーはこのびくに入れます。

この池には450匹のバラマンディーが放流されているそうです。さて、8時になり、開始の合図とともに皆さん一斉にキャスト!

参加者は30人くらいです。その人数がひしめいてのキャスト。。。

小ぶりなサイズがポロポロと釣れ始めます。皆さんワーム。フレッシュな状況なのでハードルアーで釣ろう。

 

バラマンディーには実績高いと聞いていたマドネスのシリテンバイブ73で連発。タダ巻きでOKです。シリコンボディが艶めかしいです。

が、バラシも多発・・・フックはしっかり交換しておきましょう・・・。にしても小さいです(笑)周りを見てもこれくらい、50弱くらいでしょうかね。

そして30人がキャストしているのでめちゃ釣りにくいです(笑)HIT!と思ってフッキングすると、対岸からキャストしている人のルアーだったってことがしょっちゅう。

釣っている参加者もボコボコに爆っている感じはないですが安定して釣っています。ワームに替えて自分もリトリーブスピードやアクションを真似てみますがアタりません。。。

性格が出てしまい、ルアーをとっかえひっかえ・・・

やっぱりバイブレーションが楽しいです。

タイ人から頂いたワームをチェンジし、ケイテックのスイングインパクトファット2.8インチへ。

ちょっとマテリアルが弱いので、VIソウルのワムズレンは必須です。

リフト&フォールでコンっとアタり、フッキングすると、これまでのアタリと明らかに違います。パイロット111のランカー池レベルですね。

周りの皆さんに避けてもらいながらのやり取りで、何とかランディング。

このサイズも入ってるんですね。今日の最大サイズ。楽しかったぁ!

正午前に昼食。

食堂(?)へ。

昼食が用意されています。

入り口に用意されているジャーからご飯を皿に盛り付けてテーブルへ。タイ風の卵焼きとグリーンカレー、カリカリに揚げた恐らくバラマンディーでしょうか。これを6~7人でシェア。お腹減ってたんでおいしかったです!

 

午後の部。さっぱり喰いません(笑)午前中は雨模様、午後からは少し太陽も顔を出し、油断していた首筋が激痛・・・

いやぁ、マジで喰いません。養殖池じゃないの!?

フィッシュアローのフラッシュJシャッドの2インチでミドスト。

久々にバラマンディー。

この後もちょこちょこアタリますがノらなかったりバレたり。。。

で15:30に納竿です。

二人分、見たことのない赤い魚も・・・。ティラピア(プラーニン)の交配種、プラータプティムだと思います。

これ、午前中は全く見なかったのに、午後に入るとこればっかり釣れてました。自分は釣ってないです。

で、何故か釣りをしなかったヌンさんがお迎えに来てくれてました(笑)

数はあまり出ませんでしたが、何とか最大サイズは出せたので良かったのかなと。

当店オリジナルロッド、アライコダイプレミアムの鱗付はこの最大魚で縁起良しです!!いやー、いーロッドです!!今後もパイロットで活躍させます!

にほんブログ村