緊急手術、そして入院・・・

2018/09/03

以前から胸のあたりに違和感がありまして・・・

タイで暮らして9か月目、初の海外での手術、入院を経験しました。。。

不整脈、食道に刺すような痛み、逆流性食道炎のような胃酸で焼けたような痛みでしたが、胃的には全然不調はないので、これ、もしかしたら心臓かも・・・と何となく予感しておりました。しかし、7月に一時帰国した時に受けた健康診断の結果では数値的にそれらしい兆しは見られず。胃は問題ないのに、酷い胸やけのような痛みを感じたら心臓疑う必要あると思います。

8/29(水)の朝7時頃に何となく内臓を下から突き上げられるような違和感が少しずつ息苦しさに変わりました。痛みは我慢出来ましたがちょっとヤバそうな汗が後頭部から首筋にかけて止まらなくなって来まして。取りあえず出勤準備はするものの、9時になっても収まらなければ病院へ行こうと決めてましたので、ユニフォームは着ずに、ありったけの現金を財布に入れ、ノートPCを仕事場まで取りに行き、臨時休業の札を店頭に貼ってから入院コースかな・・・と。仕事場までは何とかバイタクで行けました。仕事場に着き、臨時休業の案内を掲示して、トゥクトゥクでも病院までは厳しそうだなと感じたので、いつもお世話になっている会計事務所の担当者さんに電話でヘルプです。10:30からの銀行の予定をキャンセルして駆けつけてくれました。これが後々良かったみたいです(笑)

サミティヴェート病院シラチャへ連れて行って頂きました。救急車ではないので駐車スペース探しながらグルっと病院一周、スペース無し・・・苦しいです(笑)結局建物裏、一番遠い場所に駐車、裏口から中へ。本来は日本人専用の受付があるのですがこの時は会計事務所のTさんはタイ語完璧なので全部お任せで一般の受付へ。状況を説明して下さったお陰ですぐに車椅子が出て来ました。腰かけると救命病棟に連れて行かれ、ストレッチャーに横になり、エコーで心臓部を検査。左心室に血が流れていない血管が案の定見つかりまして・・・。服を全部脱がされてそのまま即手術となりました。心筋梗塞のようです。脈拍落ちて危ない瞬間もあったようですが、手術前はとにかくサイン攻めです・・・。手術の同意書、手術費用、保険、とにかく支払いに関するサインが多かった気がします。サイン終わって、またサイン、10か所くらいサインしたような・・・。それが終わらないと手術はしてもらえないですね。意識無ければ違ったかも知れませんが、ぞっとします・・・。これが海外です。そしてカテーテル手術、バルーン1か所で34万バーツ、ICUで一泊3万バーツがかかりますとの説明ははっきり覚えています(笑)払えるか!?と一瞬サインを躊躇いましたが、手術してもらえないので渋々サインです・・・。後から考えよう・・・。手術の前にTさんが通訳してくれた「大丈夫だけど、万が一、0.03%の確率で・・・ってこともあるからねって先生が・・・」という通訳は強烈に覚えています(笑)

手術室へ。

通訳さんもついてくれてましたが手術の様式はほとんど説明されず。だからどんな術式なんだ!?と。全身麻酔で眠らせてもらえるんだろうなぁと思いきや、右の大腿部アルコール消毒の冷たさが・・・。全身麻酔の気配無し。で、どうもその消毒した個所からカテーテルを通して行っているようで。痛みはあまり感じません。というか元から心臓が痛いので、それ以上の痛みが無いというのが分かり易い説明ですかね。。。本当に手術しているのだろうかという感覚がありまして、途中、胸が圧迫されるような、冷たくなるような感覚があり、そこで何かしらが体内に入ったなと初めて認識出来ました。何度か「BT!BT!」って言っているみたいな焦りな状況があり、「ミスター、ミスター!」って、肩を叩かれ、え!?オレ!?的な・・・自分の容体が急変したのか?いや、その瞬間意識は飛んでないので、医者が何かミスったのか!?怖いですよ・・・。でも逆に言葉が分からないから怖さが薄れることの方が大きい気がします・・・。どれくらい経過したでしょうか。。。多分1時間から1時間30分くらいでしょうか。手術終了し、ICUへ。何が楽って、開腹しない手術なので、体に殆ど負担が無い・・・というか外的痛みが全然無いんです。そりゃそうです。でも、ステント、カテーテルは通したんで当然心臓は朝と同様にまだ痛いです。手術したのに痛みが変わらないって、原因は違うんじゃねーの!?って思ったり・・・。術後、6時間はカテーテルを入れた大腿部を圧迫し続けなければいけないので身動き取れず・・・。でもお昼ご飯は何食べますかってメニュー渡されました。

タイのICUのすごいところ。。。防菌対策関係なく一般の人が余裕で出入り出来ます(笑)ケータイも使っていーよーって(笑)

自撮りしてみました。

今回、血管に詰まっていたものです。血液、ドロドロにならないように意識してサプリ飲んでましたが・・・。

 

取りあえず、Tさんが術後も付いて下さってたので、スタッフへの連絡と、日本への連絡をお願いしまして。。。翌日、日本から堀Kさんが飛んで来てくれました。。。自分は独り者なんで、楽ですが不便です。

すると、健康ファーマシーの店長Kさんからお食事のお誘いLINEが(笑)

で、上記写真を返信しまして。。。

おでん屋くんちゃんから駆けつけてくれました(笑)ここ、ICUですが(笑)

シラチャの人気ブログ、

【シラチャで薬局始めました!健康ファーマシーの店長ブログ】

は、コチラです→https://ameblo.jp/sriracha-kenko/

実はこの前夜も一緒に焼肉トラへ。その模様もブログにアップされてます(笑)

こんなゆる~い感じで接してくれてますが、LINE等で様々なアドバイスを下さって、心配して下さって本当に感謝です・・・。昨晩も釣ったイカを日本料理店の白魚へ持ち込み、退院祝いしてもらいました!

で、Kさんから連絡が行った、ブログレギュラーの食いしん坊Y氏も駆けつけてくれました(笑)

Y氏、実は一年前に自分と全く同じ病気で緊急手術と入院を経験した患者的先輩なんです。その元気な姿に何故か妙に安心出来ますね(笑)ここ、ICUです。

この後、仕事が終わってから食いしん坊S氏も駆けつけてくれていたみたいです!感謝です!自分、寝てたらしいです。。。

翌日、堀Kさんと再会(笑)監視役として登場です。

この日の午前中、くんちゃんのマスターのSさんがお見舞いに!感謝です!

午後になって一般病棟へ移動に。その病棟は日本人専用の病棟となります。12階、シービューです・・・。

 

 

 

個室、これはドン引きするリッチさです・・・。一泊1万5千バーツ・・・。

この日はまぐろ三昧の角南さんもお見舞いに!!ありがとうございます!

で、今回最大のポイントの手術費と入院費の支払いが・・・。

一応、タイで医療保険は掛けました。期間は先月末から一年間。TOKIO MARINE さんです。手術前、保険カードを提示した際、この保険では全額賄えないので不足分部は別の保険で埋めて下さいと通訳さんから言われてました。この日TOKIO MARINEさんに連絡してみたところ、加入して一か月目なので、更なる調査が必要で、支払いまでには時間を要す・・・とのこと。さて、全額負担がNGな上に時間がかかると。。。不足分部をカバーするために連絡していたのが、クレジットカードに付帯している海外旅行保険。こちらの駐在の方であれば、日本で海外旅行保険を掛けてから来られる方がほとんどかと思います。自分は掛けていません。この海外旅行保険は1年間有効で、日本でないと確か加入が出来なかったと思います。そして高い(笑)これまでクレカの付帯サービスに関して深く考えたことはありませんでしたが、今回は本当にその重要性を思い知らされました。知っていれば間違いなく助かります!

なんたって年会費無料ですよ、この楽天カード!!そして日本国内ではかなり使用頻度も高いカードだと思います。

この楽天カードの海外旅行保険、超簡単に説明すると、出国して90日以内に起こった病気や怪我に対して、条件付きで治療費が支払われます。条件はその旅費を楽天カードで支払ったかどうか。空港まで行くバスでも電車でもタクシーでもOKなんです。自分は航空券を購入しているので問題ありません。この辺りは【楽天カード 海外保険】でググれば出て来ますね。

で、2月と3月に体調を崩して通院した時の請求も、ダメ元で7月に帰った時にしてみていました。12月に出国から90日以内だったので、これもものすごくスムーズに対応して下さり、先月無事に保険が下りたばかりでした。今回は現地から日本の保険デスクへ直接電話してみました。つながるかどうか不安でしたが、ちゃんと三井住友のサポートデスクにつながり、更に、オペレーターの方に状況を話していると、提携病院であればキャッシュレス診療が可能になるかもしれないとのことで、条件が該当するか必要書類等の写真をメール添付でやり取りさせて頂き、三井住友さんの現地サポート企業、PRESTIGE INTERNATIONAL (THAILAND)さんが窓口となってキャッシュレス診療が可能に!!これは本当に感動でしたよ!!高額治療費の立て替えが必要ないんですから!!!!

最初に出していたカードがTOKIO MARINEさん、不足分部を楽天カード保険でと思っていましたが、スピード考えても、一括で三井住友さんにお願いする方が絶対に便利で速い!と判断。限度額200万までの治療費をカバーしてもらえますので、病院の通訳さんにその旨お伝えし、TOKIO MARINEさんを中止、三井住友さんの現地サポートのPRESTIGE INTERNATIONAL (THAILAND)さんとのやり取りをお願いすることに。病院側はなかなか忙しくて書類の手配が遅れ気味、しかも週末金曜日の夕方・・・。間に合うのか!?しかし翌日もきちんと24時間対応でサポートしますのでご安心下さいと!!いやー、本当に心強いです!!まず、今回の保険対応窓口は待たされることが全くありませんでした!日本ではこれまでこの待たされる時間が無駄で、この手の問い合わせや手続きは一切しませんでした・・・。考えを改めます。こんな横着極まりない自分でも出来たので成人の9割は出来ると思います。

退院後、9/8に通院があるので、その点も問い合わせたところ、

【ご返信いただきまして、ありがとうございます。

ご質問いただいていた内容についても、もう少し詳しくご案内いたします。

楽天カード付帯の海外旅行保険ですが、ご出国から3ヶ月が保険の期間となっておりますが、その間に初診を迎えたご症状で、なおかつ保険対象とみとめられたご症状でしたら、初診から180日間が保険のご利用期間となります。本ケースは2019年02月24日まで対象となり、限度額200万円の枠内でしたら、お手配承りますので、お申し付けください。

お風邪などひかれた場合も同様ですので、なにかございましたらいつでもご相談ください。

また、次回の本件再診につきましても、病院のほうに先にキャッシュレス手配の書類をおくっておりますので、次回はもう少しスムースな対応になるかと思います。お気づきの点ございましたら、おしらせください。

早くご体調が元に戻るよう、至らないアシスタンスで恐縮ですが、今後ともよろしくお願いいたします。】

とのご回答・・・。最高ですね。安心してお任せ出来るなと。

なので、皆さんも【まさか】のために、海外に行く場合には楽天カード、オススメします!もちろん、この付帯保険では賄えない額の治療費が発生する重篤な疾患や事故が起きる可能性もありますが。。。自分は感謝の意を込めて、年会費アリのカードに切り替えます(笑)

この保険手続きを待っている間、軽く散歩してみてと主治医から言われたので、病院内を歩いてみることに。以前何度か来ているのですがその施設にびっくり!

今回の入院、海外の私立病院の商魂を思い知らされました。

中央のエレベーターを降りて左を見ると、スタバあります。

スタバの前の通路、隣にもカフェが。

そのカフェの向かいにはファミマ。ファミマの突き当りに薬局があって

その奥には大戸屋。いやー日本ですよ。

この左手、出口なんですが、そこを出ると日本人専用の受付があります。

ここですね。

 

今回はスタバの隣のカフェでラテを購入。100バーツでしたが1BUY1GETだったのでラッキー。

爪切り貸してってナースステーションに行ったら、下のファミマで買ってねと。。。

エレベーターには

 

こんな感じに。

部屋には

 

 

 

しっかりと外注メニュー充実(笑)

楽天カードの年会費払ってないので意地でオーダーはしませんでしたけどね。

この晩は改めて食いしん坊S氏がノリさんと一緒にお見舞いに来て下さいました!!

翌日も快晴!退院日和です。

3泊4日の入院、無事退院です。ここからも大変ですが自己管理しなければ・・・。

心配して下さった皆さん、本当にありがとうございました!何とか結果的に障害もなく生きてます・・・。感謝です!

テレビドラマや映画でしか見たことなかった薬・・・

ニトロ・・・これを見た時はちょっとショックでした。

使う時が来ないことを願いつつ、禁煙頑張ります!!

 

にほんブログ村